牛のお話

牛はまず肉用牛と乳用牛に分けられ、さらに細かく分類されます。また、黒毛和種に代表されるような和牛などの種類についてのご説明です。

はればれおかやま meat & egg おかやまの肉と卵 JA全農おかやま 畜産部

もっと知りたい おかやまの牛

次へ

 

牛の種類

牛は古くから農耕や荷役など私たちの生活に溶け込んできました。近年になって、欧米の食文化が広まり、お肉料理や牛乳の利用の目的で、外国から新しい種類の牛が輸入され、わが国で飼育されていた牛もどんどんと改良が進んでいます。

牛は利用目的から大きく分けて、お肉の生産を目的とした肉用牛と、牛乳や乳製品の生産を目的とした乳用牛の2つに分類され、それぞれの牛に品種があります。

◇まず現在、日本で飼育されている代表的な牛の種類(品種)を紹介します。

黒毛和種

黒毛和種の写真

和牛の中で最も代表的な品種で、国内で飼育される和牛の約95%を占めます。岡山県で飼育されている和牛のほとんどがこの「黒毛和種」で、やわらかく細かい脂肪が入ったおいしい「霜降り肉」が生産されています。


 

褐毛和種

褐毛和種の写真

熊本県や高知県で多く飼育されており、褐色系で「あか牛」と呼ばれています。阿蘇地方で放牧されている景色を思い出す人も多いのでは・・・。

肉質は黒毛和種よりやや劣りますが発育が良く、体の大きい肉専用牛です。

(全国和牛振興基金協会写真提供)


 

日本短角種

日本短角種の写真

東北地方で主に飼育されています。

毛の色は濃い赤褐色で小さい角があります。

肉質は黒毛和種よりやや劣りますが、大型で放牧に適した牛です。

(全国和牛振興基金協会写真提供)


 

無角和種

無角和種の写真

山口県萩地方で飼育されています。

黒毛和種にスコットランドのアバディアンガスを交配して改良が重ねられ、1944年に和牛として認定されました。

大型で増体に優れていますが、肉質は黒毛和種比べて劣ります。

(全国和牛振興基金協会写真提供)


 

ホルスタイン種

ホルスタイン種の写真

明治時代から日本に輸入されている乳用種で、原産地は品種名の由来となったドイツのホルスタイン地方です。全世界で広く飼育され、乳と肉の両方を目的としています。

現在日本では、ホルスタイン種のオスの肥育は重要な資源となっています。


 

ジャージー種

ジャージー種の写真

原産地は英仏海峡のジャージー島。牛乳の生産を目的とした乳用種です。毛色は淡い褐色で、体は比較的小さく、日本全国で約8,000頭が飼育されており、このう25%が岡山県で飼われています。乳の脂肪率が高く、ジャージー牛のミルクやヨーグルトは岡山県北の蒜山地方の特産となっています。


 
次へ

 
Let's Try ! トレサビ 牛肉トレーサビリティシステム 鶏卵トレーサビリティシステム お肉・たまごを使ったカンタンレシピ