豚のお話

ランドレース種・大ヨークシャー種・デュロック種の系統造成についてと、これらの種豚を利用することによって生産される豚肉(総称して「ハイコープ豚」と呼ばれます)についてのご説明です。

はればれおかやま meat & egg おかやまの肉と卵 JA全農おかやま 畜産部

もっと知りたい おかやまの牛

前へ 次へ

 

系統造成とハイコープ豚

JA全農では早くから閉鎖群育種改良方式という手法によって、繁殖能力や産肉能力や発育や強健性というそれぞれの品種の特長をいかして国内で改良増殖をおこない、ランドレース種・大ヨークシャー種・デュロック種の系統造成を完成しました。

これらの種豚と、それらを利用することによって生産される豚肉(CM豚・コマーシャル豚と言います)を総称して「ハイコープ豚」と呼んでいます。

ハイコープ豚CM豚の肉質は、

  • 肉質がやわらかく
  • ロースに適度な脂肪交雑が入っている

ので、テーブルミートとして高い評価を受けています。

  • ハイコープ豚の写真ハイコープ豚
  • ハイコープ豚の枝肉の写真ハイコープ豚の枝肉
  • ハイコープ豚の分割肉の写真ハイコープ豚の分割肉

 
前へ 次へ

 
Let's Try ! トレサビ 牛肉トレーサビリティシステム 鶏卵トレーサビリティシステム お肉・たまごを使ったカンタンレシピ